「気功革命・治癒力編――気功・按摩・薬膳・陰陽バランスを使って病気を治す・パワーを溜める」 盛鶴延 著 読了

とりあえず通読。巻末の編者のあとがきによると、「気功革命・治癒力編」は「気功革命――癒す力を呼び覚ます」の続編だが、逆に「気功革命・治癒力編」を先に読んで試みてみて、元気になったら、その先に「気功革命――癒す力を呼び覚ます」があるという位置付けとの事。

簡単でやりやすい方法が沢山紹介されているので試み易いと思う。

メモ

  • 心が原因になっている病についての説明がされている
    • 中丹田が{心、情緒}
  • 陰陽の理論について書かれている
  • ツボや経絡について書かれている
  • 気功薬膳
  • 春夏秋冬の養生法

気功革命・治癒力編――気功・按摩・薬膳・陰陽バランスを使って病気を治す・パワーを溜める





気功革命・治癒力編――気功・按摩・薬膳・陰陽バランスを使って病気を治す・パワーを溜める


「気功革命――癒す力を呼び覚ます」盛鶴延 著 読了

昔、書店で見かけた本が電子書籍になっていたので読んでみた。

週単位で構成されているのだが、とりあえず通読した感じ。

道教の気功法と仏教の気功法が紹介されている。

気功法も参考になったのだが、意識の向け方、使い方等について、とても参考になった。

「目」についての事も参考になった。

時々、読み返してみようと思う。良書だと思う。


気功革命――癒す力を呼び覚ます





気功革命――癒す力を呼び覚ます


「あるヨギの成功の黄金律」(パラマハンサ・ヨガナンダ著、成瀬雅春 監修) 読了

ヨガナンダさんの著作で、表紙に Appleを創業した スティーブ・ジョブズの名前が載っていたので電子書籍で読んでみた。

《成功》という事から引き寄せ的な事も連想されて、それもあるのだが、内側を観る、自己観察のような事も書かれていて、スピリチュアリズムや仙道等にも通ずる内容だと思った。

ヨガナンダさんの「あるヨギの自叙伝」は分厚いし、なかなか読めないかもしれないが、この本は200ページ程度なので、直ぐに読み終えると思うし、通読した後で所々を読み直すのも良いと思う。


あるヨギの成功の黄金律 iAM





「病」の意味 身体と心の調和法 (島田明徳 著) 読了

同じ著者の「気の意味」、「悟りの意味」と主張されている事は同じなのだが、この本は「病」という観点から書かれている。《意味》の第三作という事になると思う。

人間には個の意志と人間を存在させている自然の《法則》があって、「病」は、その《法則》と自分が調和していないという身体からのサインという事が述べられている。

まず「生きるとは?」「健康とは?」「病気とは?」について自分の内面に問いかける事が必要なのかもしれない。

メモ

  • 言葉というものによって何かが相手に伝わるには、伝えようとする言葉の概念を、相手が理解している事が前提条件
  • 我々の身体をミクロのレベルまで細かく分解してしまうと宇宙を構成している物質と同じ
  • 「自然」に対比する言葉は「人工」。我々の思いや考えが人工的なものなのかどうか?
  • 自分の経験と思っているものが実は他者の影響を受けている
  • 自分の意志と存在する為に必要な《法則》を調和させなければならない。優先権は《法則》の方にある
  • 自然と調和する為の鍵は自分勝手な思いや考えを捨てる事
  • 自分の実感に疑問を持ち発想を変えて考える
  • 「不調和な状態」を敏感に感じ取れるようにしておく事が必要

「病」の意味 身体と心の調和法

「悟り」の意味 (島田明徳 著) 読了

昔、よく書店で見かけていた本が電子書籍化されていたので読んでみた。

仙道について勉強するには良い本だと思う。

精神世界系で、よく「体験が大事」とは言われているのだが、知識を超えた体験知を得る為に知識で得られる事は正しく学ぶといった事が書かれている点が良いと思った。

仙道の用語についての説明も良く述べられていると思った。

メモ

絶対界 {宇宙意識→純粋意識}
相対界 {自我意識→心}

相対界: 我々が自覚している世界。主体と客体に分けて物事を認識する。

相対界は物事を認識するのに相対するものを必要とする。

相対とは{善、悪}、{光、闇}、{明、暗}、{苦、楽}

宇宙に意識があり、その意識が自分自身を認識する為に進化が必要で、認識する為に宇宙意識に相対する対象として個々の魂が存在している。

考えると言う行為が言語を媒介としている点が問題

「悟り」を普遍化する為には言語による説明が不可欠


「悟り」の意味


スウェーデンボルグと転生輪廻

スウェーデンボルグはクリスチャンなので基本的には生まれ変わりとか転生輪廻は否定している。

メモ

  • 受胎によって新たに創成される人間の霊魂は一旦創られると不滅で死後も霊界で永遠に生きる。よって霊となった人間がこの世に帰ってきて何かに生まれ変わるという事はあり得ない。
  • 天使または霊は自分自身の記憶から人間と話す事は出来ず、霊の記憶を人間の記憶に入れる事によって話す事が出来る。つまり、取り憑かれた人間は取り憑いた霊の記憶を自分の記憶だと思ってしまう(憑依のような感じ)。その辺の事は「天界と地獄」の256に書かれている。

天界と地獄



天界と地獄 (講談社文芸文庫)



スウェーデンボルグ 科学から神秘世界へ (講談社学術文庫)

「無病法 ー 極少食の威力」 ルイジ・コルナロ 著, 中倉 玄喜 訳 読了

少食や節食が健康に繋がる事については、現代では様々な方が説いているが、16世紀のイタリアで、このような事を記した方がいた事を初めて知った。節度ある食事や規則正しい生活を続ける事は、とてもシンプルだが大事な事だと思う。この本に書かれている事を参考にして自分なりのライフスタイルを探求するのも良いと思う。仙道、水野南北、肥田春充に関心のある方にもお勧めの本。


無病法





無病法 – 極少食の威力


「仙人になりそこねた男」川瀬 健一 著

著者が李仙人という謎の人物を訪ねて台湾に行くところから始まっている。李仙人を訪ねる話の他、仙道の流派、練丹法、小周天等について、簡単に述べられている。作中で触れている著者の知人のT氏というのは高藤聡一郎氏の事かもしれない。あと、辺治中仙人の回春法と美顔法も載っている。後半は「台湾の老朋友」等 台湾の事が書かれている。

メモ

  • 李仙人の著作は「訪道語録」、「仙学妙選」、「性命圭旨」
    • 「性命圭旨」は書き過ぎて複雑になっているので読めなくて良いとの事
  • 仙術の行法には①築基、②結丹、③還丹、④出神、⑤還虚の五段階がある
  • 李仙人は静かに座ってする方法を行っている。
  • 形にはまったものではなく好きな方法で良い。
  • 丹田に意識を集中して呼吸は自然、丹田に気が集まるまでゆっくりし温かくなったらこれを維持する
  • 小周天の気の回転方向は人によって違うかもしれない

仙人になりそこねた男

「現代に生きる老子の人間学―仙道による理想生活の実現」小野田大蔵 著

「現代仙道百科」の著者である小野田大蔵さんによる「老子」の解説書。時々、パラパラと捲って拾い読みしている。巻末に「老子全文(読み下し文)」が掲載されている。


現代に生きる老子の人間学―仙道による理想生活の実現